公立つるぎ病院 乳がん検診

連絡先:乳がん検診 TEL 076-272-1250

ピンクリボンのハートマーク
あなたと、あなたの大切な人のために・・・。
乳がん検診
当病院はピンクリボン活動を応援しています。
ピンクリボンマーク
ピンクリボンは乳がんの早期発見・
早期診断・早期治療の大切さを伝える
シンボルマークです。
ニュースタイトル
当病院は女性技師がマンモグラフィを撮影しています。安心して受診してください。

認定を取得した女性の診療放射線技師が
マンモグラフィを撮影しています。
安心して、受診してください。

当病院では
“マンモグラフィ施設認定”
を取得しています

マンモグラフィ施設認定書
施設認定とは、日本乳がん検診精度管理中央機構が 『撮影線量の評価』『臨床画像の評価』等により判定します。
検診施設認定を取得したことにより、公(おおやけ)にも 検診精度の質の高さが認められました。

ぜひ、当病院で乳がん検診を受けてみませんか?

マンモグラフィ認定施設説明員
乳がんとは?
ピンクリボンマーク
乳がんとは?

ご存じでしたか?
近年、日本女性の14人に1人が乳がんにかかるといわれていることを!

乳がんとは?説明員
 食生活の変化や生活習慣・女性ホルモンの関係によって、 近年乳がんにかかる人は増えています(約6万人)。 その中で、乳がんで亡くなる人は年間約1万人いると言われています。
1年間に各種がんにかかった人、亡くなった人の割合 1年間に各種がんにかかった人の割合 1年間に各種がんで亡くなった人の割合
 しかし、治療法が進み、早期に見つけて適切に治療すれば、 9割以上で治ることが期待できます。では!早期に乳がんを見つけるためには‥
定期的に乳がん検診を受けるしかないのです!!
※乳がんを防ぐ特効薬・予防薬(注射)は残念ながらありません。
 下のグラフは、日本と各国の乳がん検診受診率を比較したものです。 他の国に比べ、日本の受診率はとても低いことがわかります。 早期に乳がんを見つけるためには、日本の検診受診率を上げる必要があるのです。
皆さん! ぜひ乳がん検診を受けましょう!!
タイトル 乳がんはどこにできるのか?
乳がんはどこにできるの?
 乳がんは乳腺にできる悪性腫瘍です。
 乳腺は小葉と乳管からなっています。 乳腺は乳頭から木の枝のように放射状に広がり、 その先に小葉と呼ばれる母乳を作るところがあります。 母乳を乳頭まで運ぶのが乳管です。
 乳がんの多くは、この乳管を構成する細胞から発生します。
 下の画像はマンモグラフィで乳房を撮影した時の写真です。

正常な乳房

マンモグラフィ写真は、このように写ります。

乳がんを発症している状態

実際の乳がん症例
自己検診
ピンクリボンマーク
家でできる自己検診
 乳がんは「しこり」として見つかることが一番多いと言われています。 日頃から自分の乳房をしっかり触って、 自分の乳房に変化がないか?を見ておきましょう。

― ご自己検診の良いところ ―
・手軽に簡単にできる!
・家でできる!
・定期的に(月に1回)触れるころで自分のおっぱいを知る。
 そして変化に気づける!

自己検診のやり方については下記のパンフレットをご覧ください。
パンフレットP.10~11
(クリックでダウンロード)
家でできる自己検診
当病院での乳がん検診
ピンクリボンマーク
当病院での乳がん検診
 当病院での乳がん検診は、マンモグラフィ検査のみ(市民健診など)と、マンモグラフィと視・触診のセットの2とおりあります。
 定期的な自己検診(月に1回)だけではだめなの?と疑問に思われるかもしれませんが、 マンモグラフィの良さは、しこりとして触らない早期のがんを発見できることです! マンモグラフィのおかげで、乳がん発見率は、視・触診のみの検診と比べ、 10倍以上になっています。

― マンモグラフィ検診の良いところ ―
・触れることのできない小さな病変を見つけることができる!
・写真として残すことができる!
・定期的に(1年もしくは2年)撮ることで、前回との比較ができる!

マンモグラフィ検診 触診
検査内容は?
ピンクリボンマーク
検査内容は?
1.問診
 月経および出産歴などに関すること、女性ホルモン剤の使用の有無、既往歴、 乳がんの家族歴、過去の検診受診状況、乳房の状態などについてお尋ねします。

注意 注意 注意
以下の項目に該当する方は、当病院のマンモグラフィ検査を受けることができません。ご了承ください。

  • ・妊娠中の方
  • ・心臓のペースメーカーを装着されている方
  • ・豊胸手術を受けた方
  • ・V-Pシャントを受けた方 ・・・等
2.医師による視・触診
マンモグラフィ検査を受けられない人
 視診では、腕を下げた状態・上げた状態で、 皮膚の陥没やひきつれ・ただれがないかをチェックします。 触診では、わきの下のリンパ節が腫れていないか、 乳房にしこりができていないかどうかを(熟練した)医師の手で触って調べます。
 また乳頭を圧迫して分泌物がないかを調べます。
3.診療放射線技師によるマンモグラフィ撮影

 マンモグラフィ検査とは、おっぱいの写真を撮る検査です。
 この検査は、手で触ってもわからないくらいのしこりや、 しこりを作らない乳がんを早期の段階で発見できます。
 また乳頭を圧迫して分泌物がないかを調べます。 撮影の仕方はおっぱいを数秒、専用の板で圧迫しておこないます。
(少しの痛みをともなうこともありますが、ほんの数秒です。)
検査時間は着替え・撮影を含め、およそ10~15分程度です。

マンモグラフィ検診
当病院では、マンモグラフィ認定を持った女性技師が撮影しています。
マンモグラフィ認定を持った女性技師
当病院で受診する流れ
ピンクリボンマーク
当病院で受診する流れ
 以下の順番となっています。
1 予約
2 受付
3 問診
4 視触診
5 マンモグラフィ
6 会計
7 結果
放射線室 啓もう活動
ピンクリボンマーク
放射線室 啓もう活動
タイトルマーク 乳がん検診パンフレット配布

 パンフレットの中身をご覧になりたい方は
コチラ↓をクリックしてください。
パンフレット
(クリックでダウンロード)
タイトルマーク ポスター展示
平成27年ポスター
平成27年
平成26年ポスター
平成26年
タイトルマーク 『休日乳がん検診』を開催しています
休日乳がん検診待合室 休日乳がん検診
 当病院では毎年10月に子育てや介護、仕事、家事などで忙しく、平日に病院に行けない女性の皆さまに『休日乳がん検診』を開催しています!
 この活動は、NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)がおこなうJ.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)に協賛した活動です。
タイトルマーク 病院祭での活動
グッズ販売製作体験 くるみボタン
ピンクリボングッズ、
くるみボタン販売・製作体験
乳がん触診体験
乳がん触診体験
タイトルマーク 出前講座
(乳がん検診についての講座)
乳がん触診出前講座 乳がん触診体験
 出前講座でも、乳がん触診体験をおこなっています。ぜひご参加ください。
お問い合わせ先・ご予約について
ピンクリボンマーク
お問い合わせ先・ご予約について
当病院の乳がん検診は、予約制です。
平日(月~金曜日) 午前 9:00~11:30,午後 13:00~16:30までおこなっています。
お問い合わせ・ご予約はこちらまで

― お問い合わせ・ご予約はこちらまで ―
管理部医療サービス課(健診科担当)
TEL.076-272-1250