当病院からのお知らせ

平成30年度公立つるぎ病院指標

2019/09/16

平成30年度 公立つるぎ 病院指標
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 13 14 17 29 86 174 268 145
当院の入院患者さんの特徴としては、全体の89%が60歳以上の患者さんとなっています。
70歳以上の患者割合が約77%にのぼり当地域の高齢化を反映しています。
ご高齢の患者さんが多いので、心不全、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、圧迫骨折の患者さんが多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 36 34.53 20.92 5.56 86.81
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 28 27.46 17.66 0.00 84.61
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 22 24.73 12.58 0.00 81.32
100380xxxxxxxx 体液量減少症 11 24.09 9.12 9.09 70.18
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 5.36 5.10 0.00 66.27
内科では、誤嚥性肺炎、心不全の患者さんが多いです。
ご高齢の患者さんが多く重症化しやすいため、平均在院日数も全国平均より長くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 29 50.83 19.61 6.90 83.86
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27 59.00 26.30 0.00 86.89
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 11 16.27 5.68 0.00 66.27
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 22.27
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 手術処置2なし 10.17
整形外科では、胸椎・腰椎以下骨折損傷、股関節・大腿近位の骨折の患者さんが多いです。
平均在院日数が全国平均よりも長くなっているのは、ご高齢の方が多く、合併症を発症する割合が高いことも関係していると思われます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 13 2.54 2.67 0.00 71.92
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 7.75
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2-3あり 定義副傷病名なし 6.43
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 8.95
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 2.99
外科では、小腸大腸の良性疾患が多くなっています。このため平均在院日数も短くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 17 4.00 2.84 0.00 75.94
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 13 11 5.39 0.00 75.77
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 3.37
眼科では、ご高齢の患者さんが多いため白内障が多くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-3あり 14.55
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 12.58
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 7.20
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1あり 定義副傷病名なし 2.53
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病名なし 5.86
※10未満の数値はすべて「-」と表記しています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病名なし 14.45
※10未満の数値はすべて「-」と表記しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7,8
大腸癌 1 7,8
乳癌 1 8
肺癌 1 8
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数をUICC病期分類しています。
UICC病期分類とは①原発巣の大きさと進展度②所属リンパ節への転移状況③遠隔移転の有無の3つのカテゴリーによって各がんを分類することです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 34 27.29 82.47
重症 12 29.00 82.75
超重症
不明
患者数が最も多いのが重症度が中等症の患者さんです。
平均年齢も80歳以上と高く、ご高齢になると重症になりやすいのがわかります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
発症3日以内の脳梗塞の症例は少なくなっています。
当院には、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟があり、急性期治療が落ち着いてから継続的な治療・リハビリを行うために転院されてきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) など 26 6.04 48.00 0.00 86.04
K0821 人工関節置換術(股) など 17 3.88 48.00 0.00 78.12
K0462 骨折観血的手術(前腕) など 12 2.00 21.25 0.00 71.42
K0463 骨折観血的手術(足) など 11 1.91 23.73 0.00 59.73
K0811 人工骨頭挿入術(股)
整形外科では、骨折観血的手術(大腿)、人工関節置換術(股)が上位を占めています。
いずれもご高齢に多い手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 15 0.33 1.53 6.67 73.93
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
K654 内視鏡的消化管止血術
K7191 結腸切除術(小範囲切除)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
外科では、大腸内視鏡ポリープ切除術が一番多くなっています。
一般的に1泊2日の入院で行われる手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 30 4.03 2.00 0.00 75.87
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの)
眼科では、白内障手術が一番多くなっています。ご高齢に多い手術です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K386 気管切開術
※10未満の数値はすべて「-」と表記しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術
K805 膀胱瘻造設術
※10未満の数値はすべて「-」と表記しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
各々の傷病名については、血液培養検査などの適切な検査を行い決定しています。

一覧へ戻る